インタビュー

ページの先頭へ

エンジニア

地道な努力で得た開発技術でいろんなニーズに応えて「すげえ」と思わせる。
そして私はニヤリとするのです。

仕事内容

「仕事何してるんですか?」と聞かれると少し困るくらいにいろんな仕事をしています。

最近覚えた便利な言葉がありまして「フルスタックエンジニア」というのが私の仕事内容だと思います。

やりたいことや求められることに挑戦しているうちに、こうなっていました。

プログラミング言語を使って様々なニーズを実現するのが私たちの仕事です。

ニーズを知るためにクライアント先に打ち合わせに行ったり、システム要件に合うハードウェアを構築したりもします。

いろんな勉強をして、最新技術を手に入れてレベルを上げて、いろんなことに挑戦する。まるでロールプレイングゲームの勇者のような仕事です。

仕事のやりがい

「あ、これはもう極めたな」と思うとすぐに飽きてしまう私が、15年続いている仕事です。

やりがいの塊です。

HadoopやBigQueryなど新しいソリューションを取り入れることが多く常に勉強の毎日です。

ソリューションや使用する言語が変わっても昔からやることは同じで、ニーズを実現することが私の仕事です。

クライアントのニーズに応えること、ユーザーのニーズに応えること、社内の仲間のニーズに応えること。

地道な努力で得た開発技術でいろんなニーズに応えて「すげえ」と思わせる。

そして私はニヤリとするのです。

今後のビジョン

私はもう40を超えたおっさんです。

私は多くのビジョンを持ってきましたが、その多くのビジョンを実現してきました。

これからは若い人たちが私と同じようにビジョンを実現していくべきだと思います。

若い人たちがビジョンを実現できるような環境を整えていくのが私のビジョンでしょうか。

「Rust覚えてくださいよー」と、若い人のビジョンに合わせていくこと。これが最高です。

職場の環境(会社の雰囲気)

去年、私の会社は東京都世田谷区の下北沢に引っ越しました。

内装もまるでカフェのようなお洒落な感じになって喜んでいたのですが、在宅勤務のためまだ5回くらいしか出社していません。

基本的に在宅勤務なので、自分で椅子や机、モニターなどを準備する必要があります。

毎月手当てが出るので自分で上手く環境を作っていくのが大事です。

私の部屋は1年かけて最強になりましたが、あまりに環境が良すぎて引きこもりがちです。

下北沢のバインミーが食べたいです。

一日のスケジュール

10:00   タイムカードを押して開発環境の準備
10:30 slackで朝会に出席
11:00 開発・設計・勉強タイム
12:00 気分が乗っちゃってご飯どころじゃない
  
14:30 ランチ
15:00 お昼寝
16:00 開発・設計・勉強タイム
  
17:30 子供たちが帰ってきて邪魔される
18:00 お風呂を沸かす
19:00 邪魔されて出来なかった仕事が終わらない
19:20 退社

応募方法